G管

(G音、記譜のレ)

1番2番を押すと、As管より半音分長くなり、ドは譜面のレなので、ドミソはレ、ファ#、ラ。なので実音でG管になります。

左がAs管(B管+1音管)、右が半音長いG管

G管は、ロッシーニのオペラ「セビリアの理髪師」でも用いられ、結構オペラで使われる調です。

B管でラの音を、1、2番を使った場合、特に上のラの音は、高音で口を閉めるって行為も手伝い、往々にしてピッチが高くなります。

これは、G管においての第五音にあたり、自然倍音で高くなることに起因します。

逆に、B管の開放でラを取れば、低くなります。それは、B管でのラの音は第三音にあたるので、自然倍音では低くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です