As管(B管+1音管)

●(As音、記譜のミ♭)

1番を押すと、A管より半音分長くなるので、ドは譜面のミ♭なので、ドミソはミ♭、ソ、シ♭。なので実音でAs管になります。

左がA管、右が半音長いAs管(B管+1音管)

(写真はB管+1音管)

理論上、全調の管があることになりますが、やっぱり作曲家によって好んで使う調というものが有ります。作曲家の指示によって、ホルンは何管を使うかが決まってきます。そうなると、おのずとよく使われる管ってのが有って、よく使う管を中心にホルン奏者が揃え、持ち運ぶということになってました。

一音管

しかし、この一音管というものがあるおかげで、バリエーションが増えるので、非常に便利になります。

As管はあまり使われないので、今回は組み合わせで使ってみました。

この一音管は、また登場するので、その時にまた色々書かせてもらいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

G管