久しぶりにホルンを吹くとき気を付けるまず三つの事

自粛生活が続いて、好きな楽器が吹きたくても吹けなかったって人が多いのではないでしょうか?コンクールが無くなっても、演奏する楽しみが無くなる訳ではないので、楽しい演奏が出来るように、私も色々書いていきたいと思うので、何か質問が有れば遠慮なくコメントくださいね。

でも、その前に次の三つの事を少し考えながら練習してくださいね。

1.腹式呼吸

ゆっくり、瓶の底から水が溜まっていくように、深ーく息を吸い込んでください。いっぱい吹こうと思って、結構日ごろの呼吸の延長線上で吹いてしまいがちです。口だけじゃなく、先ず身体をしっかり慣らして行ってやりましょう。

2、唇の振動

小さい音でも良いので、とにかく唇を振動さすということが大事です。振動しないことには始まりません。振動をさせる様にやってください。練習方法とかは、追々書いていきますね。

3、長い音で、唇からマウスピースを離さない

と言っても、早く前みたいに吹くようになりたいって気持ちもあるでしょう。そのためにも、マウスピースと歯の間に挟まっている唇は、自粛の間伸び伸びとしていたはずです。早く前の形を思い出すよう、少ない時間でも良いので、マウスピースに唇がついている時間を長めにやりましょう。音はドのあたりで十分です

まだまだ自由に吹けるような部活動が出来ないと思いますけど、少しづつ鳴らして行ってくださいね。基礎練習の前に、先ずウォーミングアップを忘れないで下さいね。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です