F管とB管の違い

ホルンは木管楽器と違い、指を押したら音が変わるという楽器ではありません。

倍音の組み合わせで音を変えています。そういうと、とても難しく感じるかも知れませんが、この倍音を知るうえでとても重要なことですので、まず基本としてここから話を始めていきたいと思います。

皆さんの多くは、ホルンを始めたときに、教則本に書いてある運指表から、レバーの番号で音階を覚えたり、音符の下に指の番号を書いて練習をした事はありませんか?

もちろん、それは間違ったやり方ではありません。むしろ非常に合理的な方法で、最初から答えを教えていただいているとも言えますので、時間が限られた中での曲練習では、非常に効果的であると言えます。

しかし、

なぜその指使いなのか?

なぜ換え指なるものがあるのか?

B管とF管で指使いが違うのか?

そもそも、なぜフルダブルホルンがスタンダードなの?

どのような時にB管とF管を使い分けるのか?

皆さんも、「その音はF管で吹いて」とか、言われた経験はありませんか?

このような事を理解するには、【倍音楽器】として少し考える事により、練習方法の仕方や、なぜその練習をした方がいいのかなど、ホルンを吹いて行くことに非常に役立つと思います。

では、F管とB管の違いって何でしょうか?

ペア, 自転車, 座る, 靴 が含まれている画像

自動的に生成された説明
左がB管、右がF管です
屋内, 座る, 自転車, 小さい が含まれている画像

自動的に生成された説明
上がF管、下がB管です。

大きさが分かりやすいように、同じ大きさのマウスピースを入れています。

出来るだけ巻きが分かりやすいように写真に撮ったつもりですが、明らかに『長さ』が違うのが分かっていただけると思います。

では、その差はどれ位でしょうか?

㏌F(一般的なホルンの楽譜)の楽譜上で、F管での主音はFの音ですので、そのままドの音。

B管ですと主音はB、つまり記譜上はファの音になります。

楽典的に言うと完全四度。

少し噛み砕いていうと、ド→レで1音、レ→ミで1音、ミ→ファで半音、つまり2音半です。

話は少しそれますが、皆さんはホルンの1,2,3のヴァルブのそれぞれの管の長さについて考えたことはありますか?簡単に書いておきますね。

2番管の長さが半音。

1番管は2番管の倍、つまり1音(2半音)分、2番管より長い。

3番管は2番管の3倍、つまり1音半(3半音)分、2番管より長い。

ではド→ファ(2音と半音)分の差を、上の理論に当てはめると、B管の長さに、皆さんが使っているホルンのB管の1番管+3番管分、F管が長いということになります。

なので、F管=B管の1番+3番ということが言えます。

もっと言うと、長さが一緒ということは、以下のように言い換えられます。

B管で1番と3番を押す = F管

これって、「当たり前」って思われるかも知れませんが、この考えはこの先凄く重要になって来ます。初めはややこしいかもしれませんが、大切なので、かなり細かく説明させていただきました。

まだまだゆっくり説明しますので、今の段階では「(* ̄- ̄)ふ~ん」位の理解でOKです。

次回は、F管、B管以外は無いの?ってところを話して、理解を深めて行っていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です